0422-53-1111 駐車場完備

JR中央線「武蔵境駅」北口
詳しくはこちら

WEB予約はこちら

※予約は診療時間終了の30分前まで

クリニックブログ

外科

外科とは

外科

日本外科学会が認定する外科専門医である院長が診療を行います。主に外科的処置(消毒、縫合、ブロック など)が中心になります。具体的には、表在の外傷(すり傷、切り傷、咬傷、やけど など)、捻挫や打撲の治療、皮膚のできもの(粉瘤、脂肪腫、いぼ、うおのめ、たこ など)の摘出などになります。いぼの治療については、液体窒素を用いた冷凍凝固療法を行います。

外傷につきましては、感染症を防ぐという意味においても、早めの処置が重要です。けがをされた場合は、速やかにご受診ください。

診察の結果、手術や入院加療を要すると医師が判断した場合、また外科の診療範囲でもある抗がん剤治療につきましては、当院の提携先の中から適切な専門病院をご紹介をいたします。

外科で治療を行う主な疾患

  • 外傷(切り傷・擦り傷・咬傷・やけどなど)
  • 異物刺入(トゲや釘が刺さった時など)
  • 捻挫
  • 打撲
  • 皮膚のできもの(いぼ、うおのめ、たこ)
  • 皮下腫瘤 など

外科でよく行う治療

すり傷

すり傷とは

すり傷とは、皮膚の一番外側にある表皮がこすり取られ、はがれた状態です。傷自体は浅いです。しかし、皮膚の表面を擦ったことによって炎症が起こっており、皮膚の浅い部分には神経が密に走っているので、傷が深いとされる切り傷よりもヒリヒリとした痛みが続きがちになります。

擦り傷は軽いからとそのまま適切な手当をしなければ、細菌などに感染して化膿することもあります。なお、当院では創傷(体表のけが)処置については、湿潤治療も行っています。湿潤治療とは、ヒト(動物)の「自己治癒能力」を最大限に生かす治療法であり、けがの治りが早く、痛みが少なく、しかもきれいに治るという特徴があります。

切り傷

切り傷とは

切り傷とは、ガラスや刃物など鋭い器物による体表の傷です。傷口が鋭く切断されているので、周辺組織につぶれのないことが特徴です。切り傷も擦り傷同様に日常的に誰もが経験するものですが、損傷した組織の深さと幅により重症度は異なり、場合によっては、神経・腱・骨などまで損傷を受けていることもあります。

血管、神経、腱の完全な断裂をきたしているのであれば、緊急に縫い合わせる処置が必要になることがあります。また、傷口に土やサビなどが入っているのであれば、破傷風などの感染症の可能性も考えられるので、必要であれば抗生剤を投与して予防に努めます。なお、出血が多い場合には、縫合処置も行います。縫合処置には、糸で縫わずに創傷閉鎖用の滅菌テープを用いたり、医療用のホチキスを使って、患部を固定するケースもあります。

やけど

やけどとは

やけど(熱傷)とは、皮膚や粘膜が熱などの刺激で損傷している状態です。このような損傷は、一定時間以上高温のものが皮膚に触れたことで起こります。

皮膚の損傷度(1度~3度)によりやけどの治療は異なります。1度とは表皮のみのやけどで、皮膚が赤くなるほか、ヒリヒリとした痛みがあります。2度は真皮に達するやけどで、赤みやむくみだけでなく、水ぶくれも生じた状態を言います。3度は、皮膚のすべてが損傷している状態です。この場合、乾燥や痛みを感じることはありません。

治療法ですが、1度のやけどでは、乾燥を予防する軟膏やクリームの塗布になりますが、患部の範囲が小さくてもかぶれや細菌感染を起こすこともあります。2度のやけどでは、水ぶくれができますが、これは割らずに治療した方が治りは早いと言われます。ただ、割れてしまった場合は、毎日数回のシャワーと石鹸で患部を洗い、清潔にすることが大切です。また顔や陰部などをやけどした場合は、早急に医療機関で適切な処置を受けるようにしてください。なお3度に達するやけどは、後遺症が残るリスクが高いので、速やかに医療機関を受診するようにします。

いぼ

いぼとは

ヒトパピローマウイルス(HPVウイルス)に感染することで発症する腫瘤がいぼであり、正式には疣贅(ゆうぜい)と言います。HPVウイルスは健康な皮膚には感染しませんが、小さな傷口があると、その箇所から感染して発症します。

発生して間もない時期は平らで小さく、時がたつにつれて徐々に大きく盛り上がるようになります。そして大きくなると、表面がザラついて硬くなります。いぼ自体に痛みやかゆみは生じません。また、足の裏にできた場合は圧迫を受けるので盛り上がることはありません。ただ、歩くと痛みが出ることもあります。

痛みなどの自覚症状はなくとも、見た目が気になるので除去したいという方もいるかと思いますが、爪などで自ら引っ掻いて治そうとすると、ウイルスを撒き散らすおそれもありますので、いぼが気になる方は、数が少ないうちに一度ご相談ください。

治療につきましては、液体窒素による凍結療法を当院では行います。これは繰り返しいぼを凍らせることで、いぼの組織を凍結壊死させ、取り除くという療法です。なお、1回で治し切ることは困難です。そのため何回か繰り返し通院するようになります。

桜堤ファミリークリニック
診療科目
内科・外科・消化器内科・内視鏡内科
院長
医学博士 諸井 隆一
住所
東京都武蔵野市桜堤2-8-55
TEL
0422-53-1111
アクセス
JR中央線「武蔵境駅」北口
バスでお越しの方JR中央線「武蔵境駅」北口より
小田急バス 境21 団地上水端行き 6分、
「団地中央(桜堤団地)」バス停下車 徒歩1分 車でお越しの方駐車場完備しております。
詳しくはこちら≫
診療時間
診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

△…14:00〜17:00 休診…木曜・日曜・祝日

※窓口受付は上記午前・午後の診療終了時間の15分前までとさせていただきます