0422-53-1111 駐車場完備

JR中央線「武蔵境駅」北口
詳しくはこちら

WEB予約はこちら

※予約は診療時間終了の30分前まで

クリニックブログ

消化器内科

消化器内科とは

消化器内科

消化器内科では、食道から肛門までの消化管(胃・小腸・大腸)とそれに連なる臓器(胆嚢、肝臓、膵臓など)が、ウイルスや細菌などに感染して症状を起こしているかどうか、また潰瘍や腫瘍、結石などができているかどうかなどを内科的に診療します。

腹痛、下痢、吐き気・嘔吐、便秘といった消化器に関連する症状については、内科全般を診療する内科が初診となることもありますが、詳細を調べるにあたりましては、当診療科での受診となります。

患者様の訴えや症状などから、医師が必要と判断した場合は内視鏡検査(胃カメラ)や腹部超音波検査などを行い、問診や触診も含め、どのような消化器系疾患に罹っているかを総合的に診断します。

以下のような症状がある方はご相談ください

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 便秘がちである
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる など

消化器内科の主な対象疾患

  • 逆流性食道炎
  • 食道カンジダ症
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症
  • 機能性消化管障害
  • 感染性胃腸炎
  • 急性腸炎(虫垂炎、憩室炎、虚血性腸炎など)
  • 便秘症
  • 下痢症
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 脂肪肝
  • 急性肝炎
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 胆石
  • 胆嚢炎
  • 胆嚢ポリープ
  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 食道癌
  • 胃がん
  • 大腸癌
  • 肝がん
  • 胆嚢癌
  • 膵がん など

代表的な疾患

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、消化途中の食物(胃液や胃内)が食道へ逆流することで、食道が炎症を起こしてしまい、びらん(粘膜のただれ)や潰瘍を生じる疾患です。胃の中は食道より送られてきた食べ物を消化する器官ですが、その際に強い酸性の胃酸が含まれた胃液が出ます。胃の中は酸性に耐えられる粘膜に覆われているので問題なくても、食道は酸性に耐えられる構造ではないので、逆流を起こすようになると炎症を起こしてしまうのです。

症状としては、胸やけ、酸っぱい液体が口まで上がってくる、胸が締め付けられるような痛み、咳などがみられます。原因としては、胃から食道への逆流を防ぐ仕組みがうまく働かなくなったり(下部食道括約筋が緩んでしまう)、胃酸の分泌が増え過ぎたりして、胃の内容物が食道に逆流して長く留まることなどが考えられています。なお、下部食道括約筋が緩んでしまう主な原因ですが、脂肪の多い食物の摂取(胃酸の分泌を増加させる)、喫煙、過剰な飲酒・カフェイン飲料(コーヒー・緑茶など)の摂り過ぎ、加齢による下部食道括約筋の機能低下やストレス、ベルトなど衣服でウエストを強く締め付けたり前かがみの姿勢をとり続ける、食道裂孔ヘルニアなどがあります。

検査と治療

問診や患者様の訴えなどから逆流性食道炎が疑われ、詳細な検査が必要であれば内視鏡検査(胃カメラ)を行うなどして診断をつけます。

その結果、治療が必要と医師が判断したら胃酸分泌抑制剤を服用しますが、それと併行して生活習慣を改善する必要があります。具体的には、食後すぐに横にならない、油っこい食べ物を控える、喫煙者であれば禁煙を肥満の方は減量に努める、カフェインやアルコールなども避けるようにします。

なお、薬物療法や生活習慣の改善だけでは症状が治まらない、症状が改善しても食道炎が持続するという場合は腹腔鏡を使用する手術などが検討されます。

急性胃炎

急性胃炎とは

胃の粘膜が突然炎症を起こす病気で、何かしらの原因があって短期間のうちに発症します。その原因とは、暴飲暴食、薬の副作用(痛み止めやステロイド薬、抗菌薬など)、ストレス、香辛料やコーヒーなどの刺激物などが考えられます。なお胃の中で発生する胃液は、強い酸性であるため胃の粘膜も溶かしてしまいそうなものですが、通常粘膜は胃粘液によって守られています。ただ、胃酸の分泌などの増加などで、このバランスが崩れることにより、胃炎を起こすようになるのです。

発症した際にみられる主な症状は、腹痛(みぞおち辺りの痛み)、胃もたれ(胃部不快感)、吐き気や嘔吐などです。なお急性胃炎はピロリ菌が原因で発症することもあります。さらに症状が進行して、胃に潰瘍やびらんが現れ、吐血や下血などもみられるようになると急性胃粘膜病変 (AGML)と診断されます。なお急性胃炎は、ピロリ菌の感染が発症に関与していることもあります。このような場合は、放置すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こすことも考えられますので、ピロリ菌の除菌も必要になります。

検査と治療

問診や患者様の訴えなどから診断をつけますが、炎症具合の確認や出血がある場合はその場所を見つけるために内視鏡を用いることもあります。内視鏡検査でピロリ菌が確認されたらその除去による治療も行います。

急性胃炎は多くの場合、原因を特定することは比較的容易です。暴飲暴食、カフェインの過剰摂取など原因がはっきりしている場合は生活習慣の改善、胃を休めるために1日程度絶食するなどして胃酸を抑える薬(プロトンポンプ阻害薬やH2阻害薬)を使用します。薬の副作用であれば服用を止めるなどします。急性胃炎は治りやすい病気でもありますが、再発しやすい特徴もあるので元の生活スタイルに戻すと再び発症することもあるので注意が必要です。なお出血がみられるという場合は、内視鏡で止血を行います。

慢性胃炎

慢性胃炎とは

胃の炎症が長期間に渡って繰り返し起きている状態を慢性胃炎と言います。なお急性胃炎が慢性化したものではありません。主な原因として考えられているのがピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)による感染です。そのほかにもストレスや薬剤による影響というのも考えられます。主な症状は、胃もたれ(不快感)、食前や食後の腹痛、吐き気、膨満感や胸焼けなどです。

なお、慢性胃炎は胃粘膜の症状によって次のタイプに分類されます。タイプとは胃粘膜の表面に炎症が現れる表層性胃炎、炎症が進んでびらん状になっているびらん性胃炎、胃粘膜そのものが萎縮して薄くなってしまう萎縮性胃炎、胃粘膜の表面が正常よりも分厚くなるとされる肥厚性胃炎です。なかでも多くの患者様に見受けられるのが萎縮性胃炎で、これは食べ物などの刺激で慢性的に炎症が起こることで、胃粘膜が減ってしまった状態のことです。このほか炎症などによる傷が修復される過程で胃粘膜が腸粘膜に似たものに置き換わる腸上皮化生という状態になることもあります。こうなると腸の細胞のような性質に変わり胃がんのリスクが高くなります。

検査と治療

慢性胃炎が疑われる際に行われる検査では、内視鏡を用いて胃の粘膜の状態を確認するほか、同検査時に胃の粘膜の一部を切り取り(生検)、ピロリ菌やがん細胞の有無も調べます。

ピロリ菌が原因であれば除菌する必要があります。なおピロリ菌は胃がんを引き起こす原因でもあるので速やかに抗菌薬による治療を行うようにします。

胃炎に対する治療については、胃酸分泌抑制剤や胃の運動を高める薬などによる薬物療法になります。ストレスなどが原因の場合は、これらの治療で多くは改善に向かいますが、症状が治まったとしても医師の指示がない限りは服用を続けてください。

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍とは

主に胃液によって胃や十二指腸の粘膜が傷ついてしまい、胃壁などがただれたり、えぐられたような状態になっていることを言います。このような場合、何らかの原因で胃粘膜のコーティングが壊れたことにより潰瘍が起きたと考えられます。なお胃と十二指腸の潰瘍を合わせて消化性潰瘍と言うこともあります。

症状としては、みぞおちに痛みが生じるほか、食中・食後に痛みがよく現れ、吐き気や吐血もみられるほか、症状が進むと潰瘍から出血が見られ、胃に穴が開くこともあります。

なお、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になる主な原因は、多くの場合ピロリ菌の感染が指摘されています。ただこのほかにも、暴飲暴食や不規則な生活、ストレスなどで胃液や粘液の分泌バランスが崩れることで発症したり、胃酸の分泌を増やす要因となる喫煙、痛み止めの薬(NSAIDs)の副作用などによって起きることもあります。

検査と治療

発症の有無を診断する際には、内視鏡を用いて胃粘膜の状態を確認するほか、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査も行います。なお潰瘍から出血がある場合は、内視鏡で止血を行うこともあります。

治療に関しては原因によって異なります。ピロリ菌感染の検査で「陽性」と判定されたら、ピロリ菌の除菌を行います。なお、胃潰瘍の原因の70~90%でピロリ菌が関与しており、主にピロリ菌が出す毒素が粘膜を傷つけると言われています。除菌の治療には抗菌薬を用います。

また痛み止めの薬で非ステロイド性の鎮痛薬(NSAIDs)が原因の場合は、その服用を直ちに中止します。なぜならこの薬は胃酸の分泌が増えるなどの副作用があるからです。

炎症を抑える治療(対象療法)としては、胃酸の分泌を抑えるH2遮断薬、プロトンポンプ阻害薬といった薬物療法が中心となります。ストレスや日頃の生活習慣が原因の場合は、この対症療法のみで改善されます。なお、胃に穴が開いているなどしている場合は手術が必要なこともあります。

胃がん

胃がんとは

胃壁の最内部にある粘膜内の細胞が、何かしらの原因によりがん細胞に変化してしまうのが胃がんです。胃がんは国立がん研究センターの「2018年のがん統計予測」によると大腸がんに続き2番目にがん罹患数予測が多く、がん死亡数予測は肺、大腸に続いて3番目に多いとされるがんです。

なお胃がんが起こりやすくなる主な原因には、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の感染(ピロリ菌による胃壁の損傷)、喫煙、塩分の多い食事の摂取などが考えられています。なお胃がんの発症初期は自覚症状に乏しいです。そのため、健康診断や人間ドックでの検査時に発見されることが多いです。

検査と治療

上記でも触れたように健診や人間ドックによって見つかることの多いがんなので、バリウム、内視鏡検査(胃カメラ)、超音波検査などで発見されることが多いです。

治療についてですが、早期の胃がんで胃壁の深くまで及んでなく、リンパ節への転移の心配もない場合は、内視鏡を用いてがんの部分を切り取る治療を行います。内視鏡では取り切れなさそうな場合は、化学療法か手術による切除となります。なお、早期の胃がんで、完全にがんを切除することができれば、治癒率は9割を超えると言われています。また進行がんの場合は、胃の切除手術が必要ですが、遠隔転移があるのであれば手術は原則行わずに化学療法(抗がん剤)で治療します。

ピロリ菌感染症

ピロリ菌とは

ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」で、「らせん状」という意味のヘリコとバクテリア(細菌)の意味をもつバクター、そしてピロリとは胃の出口で十二指腸へとつながる部分(幽門)を意味する「ピロルス」というラテン語の単語に由来したものです。

ヘリコバクター・ピロリは、体長約4ミクロン(4/1000mm)の病原微生物で、主に胃の中に生息する細菌です。ただ胃内というのは、強い酸性環境のもとにあるので、通常であれば細菌が生きていくには困難な環境下です。しかし、ピロリ菌は胃内の酸性が弱いとされる幼児期の間に入り込むと言われており、感染経路については、完全に解明されたわけではありませんが、胃内に定着することから、口から入って胃に感染するのではないかと考えられています。そのためピロリ菌に感染している大人から小さい子どもへの食べ物の口移しなどには注意が必要です。

それでも成人になる過程で胃内の酸性が強くなれば菌は死滅するのではないかと思われますが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を産生し、胃の粘液中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解します。それにより生じたアンモニアで、胃酸を中和することで胃の中で生息できる環境を自ら整えるという能力があるので生きながらえることができるのです。

ピロリ菌感染症について

そしてピロリ菌に感染し、これが胃壁に取り付くようになると、細胞を弱らせる毒素を出し始めます。すると、その菌を排除しようと血液中の白血球やリンパ球がその周囲に集まってきます。この攻防が激しくなることでヘリコバクター・ピロリ感染胃炎(ピロリ菌感染症)を引き起こします。

この疾患は、胃・十二指腸潰瘍、胃マルトリンパ腫、胃ポリープなどの胃の病気をはじめ、特発性血小板減少性紫斑病や慢性じんましんの原因のひとつであり、また、萎縮性胃炎を経て一部は胃がんを引き起こすこともあります。

検査について

ピロリ菌の感染が疑われる場合に行われる検査には、内視鏡(胃カメラ)を使用する検査と使用しない検査があります。当院では前者になります。

内視鏡による検査では、胃内の様子を観察すると同時に、内視鏡で採取した胃の組織を用いるなど主に3つの方法(迅速ウレアーゼ試験、鏡検法、培養法)で検査をします。

迅速ウレアーゼ試験

ピロリ菌のもつ酵素のはたらきで作り出されるアンモニアの量を調べて、ピロリ菌の有無を調べます。

鏡検法

採取した胃の粘膜の組織を染色して顕微鏡で観察することにより、ピロリ菌がいるかどうかを調べます。

培養法

採取した胃の粘膜の組織を用いて培養(5~7日ほど)し、ピロリ菌が増えるかどうかを調べます。

除菌治療について

ピロリ菌感染の検査で「陽性」と判定されたら、除菌治療を行います。治療は主に薬物療法ですが、胃酸を抑える薬と2種類の抗生物質の計3種類の薬を朝夕の1日2回、1週間内服します。そして服用を終えてから約1ヵ月以上が経過した後、除菌療法の効果を判定します。

なお、医師の指示通りに薬を正しく服用していたとしても、体質によっては除菌に失敗することもあります。これは1次除菌薬と呼ばれ、この時点での除菌率は70%~80%程度と言われています。

そして初回治療(1次除菌薬)で除菌できなかった患者様には、抗生物質の組み合わせを変えた2次除菌薬による治療を行います。この2次除菌薬による除菌率は90%程度であり、多くの患者様が1回もしくは2回の治療で除菌をすることに成功しています。

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは

ウイルスや細菌、寄生虫などが原因となって引き起こされる胃腸炎のことで、下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などの症状が現れます。このような感染性の胃腸炎には特別な治療法というのはありません。そのため症状を軽減する対症療法(整腸剤や抗生物質による薬物療法)が行われます。主な感染性胃腸炎は次の通り。

いずれにしても感染症なので予防が大切です。外出先からのご帰宅の際、トイレや食事の前などは手洗い・うがいを心がけるようにしてください。

ノロウイルス

ノロウイルスと呼ばれるウイルスに感染することで起きる病気のことで、感染すると、下痢、嘔吐、悪心、腹痛などの症状が現れ、約半数の患者様には発熱もみられます。

感染の原因は、ノロウイルス感染者の便や嘔吐物からの感染、あるいは同感染者のウイルスの付いた手で触った食べ物を介しての感染のほか、十分に加熱調理されていない、あるいはウイルスに汚染された貝類などからの感染が考えられます。

治療では、ひどい下痢を止めるようなことはせず、経口補水液を摂取することで脱水症状を起こさないようにします。なお高齢者や乳幼児の場合は、点滴を行うこともあります。症状のピークは1~2日で、下痢がおさまっても7日間は便からウイルスは出続けます。下痢以外の症状については、対症療法を行います。

サルモネラ腸炎

サルモネラ菌という細菌が腸に感染することで発症する病気です。サルモネラ菌に汚染された飲食物や、サルモネラ菌を保有するさまざまな動物(犬、猫、ニワトリ、ネズミ、カメなど)から感染することが多いです。夏の季節によく見られます。

感染源は鶏卵や卵を使った料理が多く、そのほか豚肉や牛肉、ペットからも感染することもあります。感染すると下痢、腹痛、吐き気、発熱のほか、血便の症状がみられることもあります。細菌検査(検便)や血液検査で感染の有無を診断します。

治療をとくに行わなくとも自然と治ることが多く、整腸剤の服用で済むこともありますが、下痢による脱水症状を防ぐためにも水分補給は欠かせません。なお症状が重い場合、小児や高齢者、免疫不全があるという患者様は抗菌薬の投与が必要なこともあります。

腸管出血性大腸菌感染症(O157など)

腸管出血性大腸菌は牛や豚などの大腸によく見受けられ、水や食べ物を介してヒトの口に入ることで感染します。ちなみに多くの方が1度は聞いたことのあるO157は腸管出血性大腸菌の中の細菌のひとつです。

感染後数日の潜伏期間を経た後に腹痛、下痢、血便などが見られます。重症になると溶血性尿毒症症候群や脳症を起こすこともあります。

治療は主に対症療法になるので、整腸剤を用いるほか、下痢を起こした際の脱水症状に陥らないための水分補給を行うようにします。なお抗菌薬については、細菌ではなく細菌が産生する毒素に問題があるとされているので効果はありません。なお焼き肉を召し上がる際は、肉をしっかり加熱するほか、焼く時と食べる際の箸は別々にする、手指の手洗いといった予防対策も重要です。

カンピロバクター腸炎

夏の季節によく発症する感染性胃腸炎で、カンピロバクター属の細菌による腸の感染症です。同菌の混入した飲食物を摂取することで感染するとされ、2~5日ほどの潜伏期間を経た後に下痢、腹痛、発熱のほか、吐き気や頭痛などが現れることもあります。

なお、主な感染源として考えられているのが鶏肉やその加工品、生レバーなどです。感染を避ける一番の最良な方法は鶏肉を生で食べないことです。

なお感染して症状が出たとしてもこれといった治療法はなく、多くの場合は自然治癒となります。その過程において水分補給や食事療法(消化の良い食べ物)などを行います。なお症状がひどく、重症化も考えられる場合は、抗菌薬を使用することもあります。

便秘症

便秘症とは

一般的には3日(72時間)以上排便がない場合を便秘と言います。これは腸の蠕動運動の力が低下することで便が滞っている状態を言います。

腸の動きが悪くなると消化・吸収・ 排泄がうまくいかず、下腹部の張り、腹痛などの原因になります。そして便秘となると、通常であれば体内から速やかに排出されなければならない毒素や不要な老廃物が長い時間溜まることになるので、ニキビや肌荒れといった、肌トラブルにもつながります。

なお、便秘の原因には、運動不足、ストレスや腹筋力の低下、体の冷え、女性ホルモンの乱れなどが挙げられますが、実際にはいくつかの原因が複合的に絡み合っています。なお女性の半数の方は便秘症に悩んでいるという調査結果も出ています。

便秘でよくみられる症状

  • お腹が張って苦しい
  • お腹がすっきりしない
  • ぽっこりお腹が出てしまう
  • 便秘薬(下剤)が増えてきている
  • 肌の調子が悪い
  • 便が硬い
  • 痔がある
  • 血便が出る
  • 肩こり など

便秘症のタイプについて

ちなみに便秘症はいくつかのタイプに分類されています。主なタイプは以下の通り。

慢性便秘

腸の動きが弱くなっている、生活習慣やストレス、食生活が偏っているといったことなどが原因で起きる便秘です。

急性便秘(一時性)

主に環境変化によるストレスが原因です。

弛緩性便秘

腸腰筋の力の衰えが原因。ここが弱くなると腸の蠕動運動も弱くなる。高齢者や出産後の女性に多く見受けられます。

痙攣性便秘

主にストレスが原因となって自律神経系の働きが乱れ、大腸が緊張して痙攣を起こすようになります。そのことが蠕動運動に影響を与え、便が移動しにくくなる状態です。

直腸性便秘

便意を抑える習慣が恒常化することで、やがて便意を感じなくなり、直腸に便が溜まっている状態

器質性便秘

他の病気が原因で起きる便秘の症状。具体的には、大腸ポリープ、大腸がん、腸閉塞、過敏性腸症候群、糖尿病、橋本病、子宮筋腫、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア など

慢性的な便秘は医療機関でご受診ください

多くの方は市販の整腸剤や便秘薬を使って早急な処置をしているかと思われますが、それでも便秘がなかなか治らない、ずっと継続しているという場合は、何か別の病気が潜んでいる可能性があります。

当院では便秘の診療の際に、まず体内に隠れた疾患などがないか診断します。何かしらの病気が見つかった場合は、その治療が優先されます。他の病気が原因でない便秘症の場合は、それぞれのタイプに合ったお薬を医師が処方しますが、その他にも腸に良いとされる食生活のアドバイスなども行い、自然な便通がもたらされるようなご指導をいたします。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは

原因は不明ながらも、腹痛・下痢・便秘など胃腸の不調を繰り返している状態が過敏性腸症候群です。これらの症状があるにも関わらず医療機関を受診しても消化器管内に異常(炎症や潰瘍など)が認められないのもこの疾患の特徴です。

主な原因ですが、患者様ご自身が感じるストレスや不安、過労や緊張などが、自律神経の乱れにつながり、そのことを起因として腸の運動や消化液の分泌活動が異常をきたすようになることで、下痢や便秘といった症状が現れると考えられています。また消化器系の症状以外にも抑うつなどの精神症状が伴うこともあります。このほか、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などでも発症することがあります。

なお、過敏性腸症候群は主に4つのタイプ(便秘型、下痢型、混合型、分類不能型)に分類されます。症状が重くなると頻繁にトイレに駆け込みたくなり、外出を控えるなどQOL(生活の質)を低下させてしまうこともあるので、単に精神的なものだからと自己判断はせず、医療機関で一度診察を受けることをお勧めします。

治療について

治療に関してですが、対症療法として下痢止めの薬や整腸剤などは有効ですが、これでは根本的な解決とはなりません。ストレスが原因であれば、そのものを回避するとか、それが無理であれば考え方を変えるなどしてストレスとならない方法を考えるようにします。また、暴飲暴食や不規則な生活習慣が原因の場合は、対症療法だけでなく日頃の生活習慣の改善も同時に行うようにします。

桜堤ファミリークリニック
診療科目
内科・外科・消化器内科・内視鏡内科
院長
医学博士 諸井 隆一
住所
東京都武蔵野市桜堤2-8-55
TEL
0422-53-1111
アクセス
JR中央線「武蔵境駅」北口
バスでお越しの方JR中央線「武蔵境駅」北口より
小田急バス 境21 団地上水端行き 6分、
「団地中央(桜堤団地)」バス停下車 徒歩1分 車でお越しの方駐車場完備しております。
詳しくはこちら≫
診療時間
診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

△…14:00〜17:00 休診…木曜・日曜・祝日

※窓口受付は上記午前・午後の診療終了時間の15分前までとさせていただきます